英語で子育てHOME > 英語で子育てって?

英語で子育てって?

目次

  1. 1 子育てに英語をプラスする
  2. 2 ふつうの教材や英語教室の限界
  3. 3 効果はあるのか
  4. 4 英語で子育ての方法
  5. 5 私たちの目標
  6. 6 英語で子育てのデメリット
  7. 7 最後に

1.子育てに英語をプラスする

ふつうの日本人である私がどうして英語で子育て、つまり、英語を使って子育てしようなどと思い至ったかというと、 答えは単純です。ちょっと試してみたら意外とできそうだったからです。

親子で英会話なんて無理! と最初は思っていたのですが、とりあえず少し始めてみました。 すると、子ども相手に日常使う言葉は結構限られている ものなんです。しかも、起きて、食べて、遊んで、寝て・・・毎日ほとんど同じセリフの繰り返しです。 わからない言い回しももちろんありますが、調べると意外とカンタンで、それを毎日使い続けますから 覚えてしまいます。

恥ずかしさに関しては、すぐに慣れました。聞いているのは家族だけだと思えば、 最初からそんなに抵抗はありませんでした。

結局、英語教室などにわざわざ通わせることを考えたら、家でただ英語で話しかけることのほうが、 私にとっては楽だったのです。

2.ふつうの英語教材や英語教室の限界

「英語で子育て」を目指したもう一つのきっかけは、妊娠中に読んだ News Week の記事でした。主に「赤ちゃんや幼児の脳はものすごい言語習得能力をもっている」 という内容が書かれていたのですが、よく読むと、

ビデオやCDなどで音を流しっぱなしにするやり方(一方向)ではだめ。
大切なのは「双方向」のコミュニケーション

というようなことが書かれており、少なからずショックを受けました

また、ちょうどその頃、英語教室で長年 幼児や小学生に教えているネイティブの友人に、 「週1〜2時間通うだけでは、何年通っても英語が話せるようにならないよ」 と断言され、これにもショックを受けました。

ビデオにも英語教室にも頼れない、でも やっぱり子どもには英語を身につけさせたい、となると、残された方法は 「英語で子育て」のように思えたのです。

3.効果はあるのか

息子は今、高校生になりました。(彼の英語の成長記録につきましては 「井原さんちの子の英語成長日記」 をお読みください。彼自身の短期留学ブログもあります。) パーフェクトな英語を、ネイティブとまったく同じレベルで・・・とはいきませんが、 英語を話せるかと聞かれれば、本人は躊躇なく「話せる」と答えます。 英語の偏差値は高く、特にリスニングはなんの努力もせず高得点を取ります。 英語の勉強に時間を取られないお陰で、他の好きな教科をじっくり勉強できています。

何より、英語に対する抵抗や苦手意識がまったくないまま成長したことが大きな効果だったと思います。

(実績: 小6 英検2級合格 │ 高校1年 英検準1級合格 │ 高校2年 英語スピーチコンテスト東京都第3位 │ 高校2年 全国高校生英語作文コンクール最優秀賞(文部科学大臣賞)

4.英語で子育ての方法

基本的には、ただ英語で話しかけるだけです。 「お腹すいた?」とか「お風呂に入ろう」とか、 親子の会話のごく簡単な部分を英語でもやってみるだけです。 日本語の会話を減らす必要はないです。いつもの生活に少し英語をプラスして、 今までよりちょっとだけよくしゃべる親 になるだけです。

たくさん英語をプラスしたい人は、自分がお子さんに話す総量の半分くらいを英語にしてもいいと思いますが、 ほんの少しでいいという人は、1割くらいとか、一日に10センテンスだけとか、5センテンスだけとか、ご自身のペースで英語をプラスすればいいと思います。

私自身は時期によって違いがありますが、1割〜3割を英語にしていたと思います。 当時は子育てフレーズ集などはありませんでしたから、 私はノートを1冊用意し、そこにひたすら英語のフレーズを書いていきました。 今ではこのサイトも含め、親子のフレーズを学べるサイトは多数あります。 それらを利用しながら言えそうなフレーズを覚えていけば、誰でも気軽に 子育てに英語をプラスすることはできると思います。

ただ、私がこだわってきたのは「話しかけるタイミング」です。

水を触りながら water と教え、熱いときには hot と教える。 これは当たり前のことのようですが、実際には日本人はテキストを見ながら 机上で英語を覚えていくことが多いと思います。

ですから、このタイミングこそが、「英語で子育て」の醍醐味の一つだと思うのです。 子供が脳に受ける刺激と英語とを毎日少しずつ 結び付けていってあげられるのは、親だけです。

5.私たちの目標

息子の幼児期に思い描いた目標は、「小学校にあがる頃に英語でも本やビデオを楽しめること」でした。 そしてその目標はあっさりクリアーできました。

実は、目標という目標はないのです。英語で世界に羽ばたいてほしいとか、 英検を取ってほしいとか、そういう目標もありませんでした。 正直なところ、うちは「英語をやらせたい」よりも 「英語をやらせたくない」というのが動機でした。 今の日本の学生たちを見ていると、10代の貴重な時間を膨大な量の英語の勉強に奪われていてもったいないと思います。 息子は高校生になり、英語の勉強に時間を取られないお陰で、彼自身のやりたいことに没頭できています。 だから、「英語をやらせたくない」という目標も達成できたのかなと思っています。

6.「英語で子育て」のデメリット

親子間で英語を話すと聞いて、発音が悪くなるとか、文法を間違えて覚えるのでは、と心配される方もいらっしゃいますが、 その心配はいらないと思います。今の時代、世界にはいろいろな英語の発音があって当たり前ですし、 そもそも、幼少期から英語を始めた子供の発音は総じてとてもいいと思います。

文法については、自分でテキトーに英作文をして話すようなことはせず、基本的には、正しいとわかっている英語フレーズのみを生活にプラスしているだけなので、 そんなには間違えないと思います。

それよりも、発音や文法を気にするあまり、結局英語のできない大人になってしまってはもったいないと思います。 心配し過ぎず、思い切ってやってみることで、お子さんの世界も親御さんの世界もきっと広がります。

7.最後に

今では 日本にいてもバイリンガルと呼べるほどに英語力を備えつつ育っているお子さんがたくさんいらっしゃいます。「日本人には英語の習得は難しい」と考えられていたのは今や昔の話。日本の学校教育が本格的に変わる前に、すでに草の根の家庭から、英語を聞き、話し、読み書きする子どもたちがどんどん育っています。

子どもを完全なバイリンガルに育てることは 確かに難しいことかもしれません。でも、子どもに基礎的な英語力を与えることは それほど難しいことではないのです。それはすでに多くの先輩ママ・パパたちが実践し、証明しています。

どうか、以前の私たちが揺れたように、「うちの子に英語なんて無理」と諦めないでください。そして、「英語」という人生における大きなツールを、お子さんにプレゼントしてあげてください。

メインコンテンツ